MOOZ-2ZでCNC

 

MOOZ-2ZをCNCフライスとして使用するにはMoozStudioでデータを作る方法が紹介されているが、画像ファイルの明暗で彫りの深さをコントロールするため精細な形状を作成することができない。

 

 

 

Curaの中にCNC関連の項目がないかと探してみたが見当たらない。ただJogPositionのボタンで切削ユニットが移動することが確認できたことで、GRBLベースの3Dプリンターではないかと考え、GrblPanelを試してみることにした。
インストールして起動したところ、COMポートは認識しているようだ。ConnectボタンをクリックするとStatusBoxにバージョン番号などが表示される。[Go To Spcl Posn1]ボタンをクリックすると切削ユニットがホームポジションに移動する、しかし各軸の[0]ボタンや、[Zero XYZ]ボタンは反応しない。

 

 

[Setting]タブで設定されているG-Codeを[Manual Command]で確認してみるとそのままでは反応しないようだ。
各G-Codeの動作を個別に確認しながら、各軸の[0]ボタンや、[Zero XYZ]ボタンを[Setting]タブで設定すると動作するようになった。
また[Jogging]内の[X/Y/Z]ボタンも同様に認識できないようだが、設定項目が見当たらない。一番使いたかったボタンだけに何とかしたい。
Jogging X/Y/Zには「G91 G20 G01 X0.1 F50」などといったG-Codeが出力されるようなので、[Manual Command]で一つひとつ試してみたところ、MOOZではG90/G91やG20/G21を同列に記述できないようだ。
GrblPanelをダウンロードしたサイトに、ソースファイルが用意されていたのでダウンロードしてみたところ、GrblJogging.vbソース内に以下のようなコードがあった。
「Return “G91 ” + whichUnits() + ” G01 ” + axis + whichDistance() + ” F” + whichFeedRate()」
ここをなんとかすればJogging X/Y/Zが使えるようになるのではないか。
ソースコードはVBで書かれているようなので、Visual Studio2017開発環境をダウンロードしてセットアップした後Grbl Panelのソースを読み込んで修正した。
EXEファイルを作成して実行したところ、ようやくJogging X/Y/Zが使えるようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です