CNCフライスの回転計を更新

以前使っていた回転計は、すでに動作しなくなって放置していたが、最近になってまた作ってみようという気になったので、一から作ることにした。

 

 

 

 

使う部品はProMicroとOLEDモジュールとした。できるだけコンパクトにするため、中継基板などを介さずに、コネクタをや配線を直接半田付けして、3Dプリンターで作ったケースに入れた。
コントロールボックスの加工も考えてみたが、分解や加工に手間がかかるので、作成したケースの底面にネオジム磁石を取り付けて、金属部分に張り付けられるようにした。

 

 

コントロールボックスの前面に張り付けてみたが、配線むき出しと比べてかなり見栄えが良くなった。

そういえばG-Codeによる回転制御がまだできてないなあ。

 

 

CNCフライスの回転計を更新」への2件のフィードバック

  1. こんにちは私は宮城県在住でcncに魅了されcnc6040 を始め、現在はcnc6090という純正で自動原点やスピンドル回転数制御ほか機能のある機種を輸入して使っています。
    国内ではこう言った事をする方が少なく情報が少なく意見交換出来たらなと考えております。宜しくお願い致します。

    • コメントを頂きありがとうございます。
      私はもともと電子工作が好きで、電子基板を自前で作りたいという目的でCNCフライスを触り始めたのがきっかけですので、CNCフライスが詳しいわけではありません。
      かえってお伺いすることのほうが多いかもしれませんよ。

      ひまじぃ

佐藤健太 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です