CNCフライスの回転計を更新

以前使っていた回転計は、すでに動作しなくなって放置していたが、最近になってまた作ってみようという気になったので、一から作ることにした。

 

 

 

 

使う部品はProMicroとOLEDモジュールとした。できるだけコンパクトにするため、中継基板などを介さずに、コネクタをや配線を直接半田付けして、3Dプリンターで作ったケースに入れた。
コントロールボックスの加工も考えてみたが、分解や加工に手間がかかるので、作成したケースの底面にネオジム磁石を取り付けて、金属部分に張り付けられるようにした。

 

 

コントロールボックスの前面に張り付けてみたが、配線むき出しと比べてかなり見栄えが良くなった。

そういえばG-Codeによる回転制御がまだできてないなあ。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です