スプールローラー

スプールローラーを作ってみた。

標準状態では、Z軸アクチェーターに取り付けたスプールホルダーに引っ掛けるだけなので、スムーズに回転しないとか、供給方向が直角になるためフィラメントが絡みやすいなど気になるところが多かった。

 

 

 

Web上には多くの作品が紹介されているが、大半がリールの中心に回転軸を通したものが目立つが、過去にベアリングを使って同様のものを作ったところ、フィラメントがオーバランしてリールから外れることがあった。
別の形態で、フィラメントリールをベアリングや滑車の上に置いて使うタイプのものがあり、3Dデータが公開されていたのでダウンロードさせていただいた。

 

 

 

 

これは非常にいい感じで供給できたが、当工房の狭い作業台では、使用する度に置き場所を確保しなければならないことが発覚した。

 

 

 

 

そこでMOOZ用に新たなスプールローラーを作ることにした。
当工房の作業スペースと、MOOZの形態的な特徴に合わせて、Z軸の上部にかぶせるような形で装着し、上からフィラメントを供給するようにした。
これで、3Dプリンターとして使用するたびに、場所を確保する必要がなくなった。
ベアリングを使ったローラー台の形態で、左右の幅を広く取ることでフィラメントリールの幅の違いに対応した。
ローラー間の幅は手持ちのリール径に合わせて、MOOZ添付の15cmから一般的な20cmまでのリールを載せられるようにした。
また個々のパーツサイズはMOOZで作成できる範囲の大きさとした。

ただ造形物の向きは積層面で割れやすいということに注意したい。
ベース部のベアリングが入る穴は挿入時に力がかかるため、穴の部分を底面にしたほうが良いと思われる。
またローラーも上から重量がかかることを考えると、横置きで作成したほうが強度を維持できると思われる。
もっとも、ベッドに斜めに配置しなければならない大きさなので、必然的に横置きとなる。

 

 

フィラメント供給についてはおおむね満足できる状態になったが、ヒートベッドの件を含めて、MOOZのためにMOOZを買ったような気がしてならないのは気のせい? まあ、楽しめたからいいか。

 

 

 

 

 

 

あると便利な道具たち

・TEC らくらくコーキングヘラ LK-1
タイル目地の充填剤などを塗り付ける道具ですが、大きさや厚み・撓りなどの具合がいいので
造形物の剥離用工具として使用しています。
ただし商品によって厚みにばらつきがあるため、撓り具合を確かめて購入したほうがいいでしょう。

・ニトムズ テープはがしカッター T087
これも剥離用工具として紹介されていた商品です。周辺が刃物のように鋭いので食い込みはいいのですが、けがに注意です。

・ケイバ(KEIBA) メタペン MP-665
本来は自動車などのラジエータフィンの修復用工具ですが、3Dプリンターで作成した造形物のサポート材剥がしに使ってします。
ピンセットやラジオペンチなどより広い範囲を力強く掴むことができるのでとても作業が捗ります。

・ANEX 六角レンチドライバー 2.5-120 / 2-110
MOOZの組み立てや分解・工作モジュールの交換には付属の六角レンチを使いますが、長いネジを回すには手間がかかります。
(2.5-120)は本体に数多く使われているネジ用、(2-110)は工作モジュール内部のネジに使います。

・ソルダーアシストツールセット
半田付け作業の補助工具として販売されていますが、この中のブラシをヒートノズル先端付近の掃除や出力開始直後の材料のタレを掻き取るなどに使用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です