X/Y軸のリミットSW

cnc_image161CNCフライスの工作原点を指示するために、リミットSWを取り付けることにした。
コントロールBOXの基板上には原点SW用のコネクタが用意されているので、ハード的にはケーブルとリミットSWを用意するだけだ。

 

 

 

image5コントロールBOX内のケーブルは右のような形状にした。
メタルコネクタは6P(PLT166-R-Rだと思う)、基板コネクタは4P(XHP-4)、1P(ZL2543-1PS)を使用している。
1Pコネクタは電源用として、使用していないA-Axis用の5V端子に接続している。

 

 

image9X/Y軸の原点スイッチは先人に倣って右のような位置に、フォトセンサー(EE-SX460-P1)を接着剤で固定した。

 

 

 

 

image7遮光版はカセットテープ(ナイロン製?)のケースを適当な形に切断して、これも接着固定した。

 

 

 

 

image10Mach3の原点スイッチの設定は[Config]->[Port and Pins]->[Input Signals]を右のように設定にした。
X/Y軸しかないので設定する項目は少ない。

 

 

image13[Config]->[Homing/Limits]の設定は右のように設定。
工作範囲を大きく取りたいので、原点スイッチを機械的な可動限界に近いところ(2mm前後)に取り付けたが、スピードの値を大きくすると惰性でオーバーランするため、小さめの設定にしている。

 

 

image12設定後、コンソールの[REF ALL HOME]をクリックすだけで原点に戻ってくれる。
原点合わせが非常に楽になった。

スピンドルSWの対応

 

cnc_image14ハードウェア的にはコントロールBOX内の2枚の基板(JP-382A・JP-1482)の4Pコネクタをケーブルで接続するだけだ。
但し、それぞれの基板でコネクタピンの順番が反転しているので注意。
いつも利用するaitendoで使えそうなケーブルを見つけた。
スピンドルのPWM信号も繋がってしまうが、現在設定方法がわからず放置している。

 

image1この後、Mach3の設定で[Config]->[Port and Pins]->[Output Signals]の[Output #1]を右のように設定。

 

 

 

image4[Config]->[Spindle Setup]の[Relay Control]を右のように設定。
以降、コントロールBOXのスピンドルSWがOffの状態で、「M03」の指示でスピンドルが回り始めた。
ただし、まだ回転制御ができていないので、予めコントロールBOXのつまみを適当な回転数になるように回しておく必要がある。
なお、「M05」による主軸停止も15秒ほどのタイムラグがあるものの確認できた。
スピンドルスイッチの操作が減ったので煩わしさが緩和された。